オフィス家具業界の老舗メーカーとは?

オフィス家具を手掛けるメーカーには、老舗といわれているメーカーが数多く存在します。創業から100年を超えるような企業も決して珍しくはなく、それぞれに長く深い歴史があります。創業時は、文房具店や商店であったり、金属部品やスチール製品の製造業であったりと、スタート時はそれぞれオフィス家具メインではなかった企業が多いですが、古くは明治以前から続いているという企業も決して珍しくはありません。

非常に古い歴史を持つ老舗メーカーで言えば、オフィス家具の他、事務用品の取り扱いでも有名な、LIONブランドのライオン事務機ではないでしょうか?ライオン事務機の元となる筆墨商であった商売は、なんと1792年に創業しているというのですから驚きです。また、大手メーカーのコクヨやイトーキ、内田洋行などは、明治の創業です。それぞれ、文房具などの取り扱いからはじまり、後にキャビネットやデスクの製造・販売を開始しました。これらのメーカーも創業が古いという事もありますが、最初からオフィスに直結した商売を行っていたわけではありませんでした。

また、SEIKO FAMILY&TOYO STEELとして総合的にオフィス家具を提供している生興株式会社なども明治43年の創業と、とても長い歴史を持っています。これら明治創業の企業は、創業からゆうに100年を超えます。なお、スチール製品で有名なオカムラは昭和20創業、同じくナイキは昭和27年創業となっています。また文具や事務用品で有名なPLUSは昭和23年創業と、各社終戦前後の創業と100年には満たないものの、これまた歴史があります。もちろん、オフィス家具を取り扱っている企業はこれにとどまらずまだまだあります。

オフィス家具という業種自体の歴史はまだ浅く、各社がオフィス関連の家具や製品を販売し始めたのも戦後からというメーカーがほとんどです。古い歴史を持つからと言っても、決して古さに誇示することもなく、時代に合わせさまざまな工夫や販売戦略に取り組んでいます。老舗メーカーの多くは、現代でも売り上げを伸ばし、多くの人に愛され続けているのには、やはりこのような企業努力があるのでしょうね。

オフィス家具メーカーにはニーズに合わせた複数のブランドが存在する

一般ユーザーにはあまり知る機会はありませんが、オフィス家具メーカーでは、それぞれコンセプトやデザインインイメージの異なる複数のブランドを展開しています。オフィスのあり方も年々変わり、求められるものも変わりつつあります。昔の様な画一的なイメージのオフィスではなく、個々の企業のイメージに合わせたデザインやレイアウトが求められるようになりました。

また、IT化が進んだことによって、オフィス内のICT活用までも求められるようにもなっているのです。それに合わせるように、各オフィス家具メーカーでも、ニーズにこたえられるようさまざまなブランドを展開していっているのです。同じ家具でも、製品イメージの異なるデザインで制作するなど、求められるオフィス環境づくりに少しでも多く応えられるようにと努力をしているのです。大手オフィス家具メーカーのコクヨなどでは、これまでも複数のコンセプトでさまざまな家具を提供してきています。

しかし、2013年には新たに小規模オフィス向けの、スタイリッシュなデザインラインのブランドを立ち上げました。これも、前述したニーズに合わせたオフィスづくりをサポートする一環になります。イトーキなどでは、数多くのコンセプトラインがあります。クリエイティブワーク家具と分類されている、多彩なデザインの家具などをはじめ、それまでのスチール製品のイメージを覆すような、主に木材を使用して作られたナチュラルデザインの製品ラインなども展開しています。

同じくスチール家具で有名なオカムラでは、新たに「+Standing」というシリーズを立ち上げ、電動昇降デスクの販売を進め始めています。文字通り、一定の高さの間で簡単にデスクの高さを調節できるもので、立ったままPC作業なども可能なものとなっています。多様化するオフィス環境にも柔軟に対応できるような製品を提供していっているのです。このように、一貫した企業イメージというものも当然ありますが、それぞれ必要とされるニーズに合わせた製品を提供できるよう、各社が努力を続けて、多くのシリーズを展開していっているのです。

オフィス家具の種類を覚えよう。便利な家具が盛りだくさん

会社経営に携わる方や、在宅で仕事をしている方は、オフィスの購入を検討されているかもしれません。オフィス家具といえばオフィスチェアやオフィスデスクが有名ですが、実は他にも色々種類があるんです。そこで、代表的なオフィス家具の種類とその使い道を紹介していきたいと思います。「オフィスチェア・オフィスデスク」これは代表的なオフィス家具ですね。

皆さんも一度は見たことがあるでしょう。ただ、オフィスチェアやデスクにもさまざまな種類・デザインがあります。購入の際はしっかりと検討したうえで、自分自身に合ったものを見つけることが大事です。「収納机」これは、書類などを収納するための机のことです。オフィスデスクだけでは収めきれない大量の書類を収納したいときなどに便利です。

またこれと似ていますが、「机上棚」という家具も人気です。机の上に書類を片付けるスペースを作ることができるので、収納机とともにデスク上をコンパクトにしたいときなどにはもってこいの家具になります。「書庫」これも主に使わない書類の収納に使います。当分つかわない書類や資料は収納机ではなく書庫に管理するといいでしょう。書庫は大きさがいろいろありますが、設置したい場所を決めておくことで、大体の大きさを決めるとよいでしょう。「パーティション」パーティションという家具はあまり聞きなれないと思います。

この家具は部屋の中で設置することで、簡単にスペースを区切ることができます。在宅というよりか、会社を経営している方向けの家具ですね。グループに分けて別々の作業をしたいときなどに重宝されます。「ミーティング用テーブル」これはオフィスデスクとは違い、ミーティングや会議に使うようなテーブルになります。オフィスデスクをミーティングテーブル代わりに使ってもよいですが、予算があるならミーティング用テーブルも購入したほうが良いでしょう。ここで紹介したオフィス家具以外にも、まだまだ便利な物がたくさんあります。

オフィス家具は仕事をスムーズに進めるうえで必須です。購入を検討されている方は、まずオフィス家具の種類と使い方を調べてから、用途に合った物を購入するようにしましょう。

Posted in div

人気のオフィス家具を正しく購入しよう。通販もいいけど自分の目で確かめて

オフィス家具とは文字通り、オフィスなど主に仕事上で使用される家具のこととなります。会社のデスク用品をそろえたい方はもちろん、在宅で仕事をしていらっしゃる方なんかでもご購入を検討されている方も多いと思います。しかし、現在に至るまで、オフィス家具は大量に生産され続け、毎年のように新しいタイプも開発されています。

そんな数多いオフィス家具の中から一体何をどう選べばいいんだろうと不安になっている方も多いかと思います。そこで、まずはどのようなオフィス家具が人気なのかを紹介すると同時に、数ある商品の選び方も併せてお伝えしたいと思います。まず、一番の人気のあるオフィス家具。

これはなんといってもオフィスチェアです。何をするにしてもオフィスチェアとデスクはかかせませんが、その中でもやはりオフィスチェアは商品によって座り心地などが大きく違います。デスクと比べてもより時間をかけて選ばなければいけないのは明白です。最近ではオフィスチェアにもさまざまな性能が付け加えられてきており、どれも素晴らしい製品ばかりです。

またネットの通販でも手軽に購入できます。しかし、やはりオフィスチェアを購入するときはネットの通販ではなく、店舗まで赴いて実際の座り心地を確かめたほうがよいでしょう。どうしても通販で購入したいという方も、一度オフィスチェアに試座したほうがよいです。いくら人気のある商品でも買った本人が満足できなければ意味がありません。

人の体格などはそれぞれでしょうし、自分にあったおフィズチェアを見つける努力が必要です。また、オフィスチェア以外にも人気のある家具としては、事務机などがあげられます。これもやはり購入する際は実際に店舗で感触を確かめるのがベストですが、気を付けなければいけないのはサイズの問題です。

デザインが素晴らしいからと即決で購入してしまい、あとからサイズ違いで設置できなかいなんてことになると、目も当てられません。あらかじめ設置したい大まかな場所を決め、そこのサイズに合わせた事務机を購入することが大事なんです。オフィス家具はさまざまあり、選ぶのも大変です。ただその際に人気の商品だからといって安易に購入を決めるのはおすすめできません。やはり自分の身体に合うかどうかをその目で確かめての購入が一番良いでしょう。

老舗オフィス家具メーカーが提案する未来のオフィス空間

2010年、老舗のオフィス家具のメーカーが、未来のオフィス・理想のオフィス空間に関してのコンペティションを行いました。参加企業は、株式会社イトーキ、株式会社インターオフィス、株式会社内田洋行、コクヨオフィスシステム株式会社、株式会社岡村製作所、プラススペースデザイン株式会社の6社です。では、各企業はどのようなコンセプトを打ち出してきたのでしょうか。

○イトーキ
「オフィスLANの常識を変える、一枚のITネットワーク~LANシート」無線LAN対応のPCなどの機器を上に置くだけでネット接続可能な、無線LANの電波を封じ込めたLANシートを提案しました。電波は半径1mしか届かないので、外部からの不正アクセス防止にもなるため、無線LANの働きやすさと、有線LANの安全性を両立させました。

○インターオフィス
「iPhoneがもたらすニューワークプレイス」ゆったりとしたオフィス空間で、iPhoneやクラウドサービスなどの活用し、変化していくビジネスコミュニケーションに対応しながら働いていける環境を提案しました。

○内田洋行
「NO Rule もうルールはいらない」建築や内装工事をせずともオフィス空間を自在に設計でき、オフィス環境の急激な変化にも対応する、スマートインフィルという独自の提案を打ち出しました。他、用途に合わせてつなげたり、仕切ったりと自由にカスタマイズできる、レムナというオフィステーブル、LED照明による省エネ化、国産木材を利用した空間作りなどの環境を重視した提案も行っています。○コクヨオフィスシステム「適業適“場”」時代の変化に対応すること、コミュニケーションを活性化させることをメーンに考え、バッテリーシェアードデスク、ONチェア、ボードスクリーンなどを活用し、仕事に合わせて各人が“場”を選択できるオフィス環境を提案しています。

○株式会社岡村製作所
「Smart Work」Slim(各種無駄の見直しによってオフィスコストの削減・最適化を図る)、Stretch(コミュニケーションの活性化などにより、アウトプットの増大、質の向上、モチベーションアップ)、Wellness(心身を健康に保つ環境設定)という3つの要素の具現化に向けた目標を設定し、活力ある経営を実現するために求められる働き方の提案をしています。

○プラススペースデザイン
「私の“間(MA)”3つのMY MY SPACE MY TIME MY SENSE」各人の好みでデスク環境を自由につくれることなどによって、能力を最大限に行使できるような環境つくりの提案をしました。より厳しい情報管理が求められている現在、当時1位となったイトーキのLANシートのようなものが必要不可欠となっていくことでしょう。また、リラックスできるソファセットとローテーブルのスペースを作り、そこをミーティングや、商談、コミュニケーションの場などに活用することで、より良い会議ができたり、情報共有しやすくなり、社内が活性化されているという意見が多くあります。

徹底した情報管理やコミュニケーションを図る場など、各社が打ち出した提案に含まれているものが、未来というには早いかもしれませんが、このコンペティションから6年ほど経った現在、より強く求められているのです。このように、今までもこれからも、このような老舗のメーカーが新たなニーズに向けてさまざまな提案を打ち出していくことでしょう。

オフィス家具メーカー各社のブランドイメージとは?

オフィス家具を取り扱う各メーカーには、それぞれ特徴的なイメージのようなものがあります。それぞれ総合的にオフィス製品を取り扱って入るものの、家具以外にもさまざまな製品を世に送り出しているメーカーがほとんどです。そのため、オフィス家具よりも他の事業がそのメーカーのブランドイメージとなっている場合もあります。

例えば、コクヨやPLUSなどの企業イメージとしては、文房具やオフィス文具などのイメージが強いと答える人が多いのではないでしょうか?実際、オフィスの中にはこれらのメーカーの文具であふれかえっていることでしょう。もちろん、これらの部門や製品などもまた、これらのメーカーの売り上げを支えている部門であることには間違いないでしょう。

また、イトーキなどは一般的なユーザーなどから見た場合、学習机などの印象が強いと答える人が少なくありません。最近では見る事がなくなりましたが、80年代~90年代に流れていたCMが印象的で、記憶に残っているという人もいるのではないでしょうか?実際、イトーキなどはスチールデスクを主に製造販売しているメーカーになります。

この業界の中では、内田洋行も大手メーカーと言えるでしょう。内田洋行は家具単体を販売するというよりは、トータルでオフィス空間を作り上げる事を得意としています。そのため、オフィス家具を販売しているというイメージとは少し離れているかもしれません。岡村製作所もこの業界の中では大手です。

しかも、創業したころからスチール製のデスクなどの製造を手掛けてきているメーカーです。オフィス用のデスクを作っているメーカーの中では、NO1のブランドだと言っても過言ではないでしょう。現在ではデスクだけではなく、エルゴノミックタイプのチェアを国外へ輸出するなど、世界規模でその知名度を上げていっているのです。

他にもさまざまなメーカーがこの業種にはあります。それぞれ企業理念なども違い、コンセプトやブランドイメージも異なります。しかし、よりよいオフィス環境や空間づくりのお手伝いをしていきたいという思いは、各社でそう大きく違いはないと言えるでしょう。

オフィス家具ってどんなものがあるの?

各メーカーからSOHOや一般企業の事業内容、目的等に合わせて多くの種類のオフィス家具が製造、販売されています。オフィス家具にはどのような種類のものがあるのでしょうか、またどのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

○オフィスデスク
一般的な形のスタンダードタイプ、フリーアドレス・オフィス向けのグループデスク、デスク作業に十分な広さを必要とする方にはカーブデスクなどがあります。業務形態やスペースに合わせ、パソコンを使用する方は特にデスクの横幅や奥行きに注意して選んでください。グループデスクを利用し、引き出しはワゴンタイプのものを選ぶと増員やレイアウト変更にも対応しやすいでしょう。

○オフィスチェア
最も慎重に選びたい家具の一つです。毎日、長時間使用するものなので、機能性を重視し、身体への負担が少ないものを選ぶといいのではないでしょうか。価格の幅が広く、体型や業務によって合うタイプが変わってくるので、できることなら試座してからの購入をオススメします。

○ミーティングテーブル
ミーティングチェアお客さまをお迎えしたり、社内での打ち合わせやコミュニケーションの場などさまざまな場面で使用されるので、機能性だけではなく、デザイン面も考慮したものを選ぶことで会社の印象が変わってくるかもしれません。

○キャビネット
大きな家具のため、デザインや色によってオフィスの雰囲気が変わることもありますので、セキュリティ面や収納力に加え、デザイン性も踏まえて選びましょう。両開き扉や引き出し式のものは、お客さまに見せたくないファイルなどの収納に適しており、広く使用されています。引き出し式のものは、使用の際にスペースを必要としないので、狭い空間でも利用しやすくなっています。他に、オープンキャビネットや3枚扉、シャッター式のものなど多種あるので、収納物によって使い分けしてください。

○金庫などのセキュリティ家具
個人情報保護法やマイナンバー制度の施行などにより、情報管理に関して厳しくなってきている昨今では、情報管理が企業の価値を左右するといっても過言ではありません。暗証番号やカードキーなどを使用することで、本人のみが利用できるようなシステムのキャビネットがありますので、このようなものを活用し、情報管理をしっかりと行っていきましょう。金庫は、火災よりもオフィス荒らしなどの盗難被害に簡単にあわないように、重量があり、盗難対策がされている種類が売れているようです。オフィスチェアなど毎日使用する家具は、社員の健康や生産性にも影響を及ぼしかねず、セキュリティ家具は会社の信用を担っていますので、使えればいいというのではなく、数多くある種類の中から慎重に選ぶ必要がありそうです。

Posted in div

人気の中古オフィス家具販売店のサービス

経費削減についての意識調査で、オフィス家具は中古品でもいいという意見は約9割程あり、実際に中古オフィス家具の利用者はどんどん増えているそうです。数多ある中古オフィス家具販売店の中から、人気の高い3社のさまざまなサービスをご紹介していきます。

○オフィスレスキュー119ハッピー
ネットと実店舗で販売をしている、首都圏最大級の販売店です。オフィスで必要なものは全て揃えることができ、中古品販売の他、買取、数日から長期に亘るレンタル、また、オフィスの引越しまで対応しているため、ワンストップで多くの手続きを完了できることが最大の強みです。首都圏最大級の販売店の強みを生かした高額買取、首都圏エリアは出張査定・買取に対応しているので、オフィスにいながらにして全てを完了できる点も支持されているようです。買取点数が多い場合には、遠方でも出張買取に対応する場合があるようなので、是非一度相談してみてください。また、オフィスの引越しも依頼した場合、購入した家具の移転先への配送料が無料になるというサービスがあります。このオフィス引越しパックは、運搬、解体、組み立ての他、不用品の買取・廃棄、電気系統の工事、室内クリーニングなどの現状復帰まで全ての作業を一貫して行ってくれますので、利用する価値がありそうです。

○楽市
こちらはなんといっても、6ヶ月保証がついていることが強みとなっています。通常に使用していた際の故障や破損には、無償で交換、修理、返品いずれかの対応をしてくれるので、中古品購入の際のデメリットである耐久性等の心配も軽くすみそうです。商品到着後から10日以内に連絡をすれば、オフィスの雰囲気に合わない、誤発注などのお客さま都合の返品に応じてくれるのも嬉しい点です。ただし、新品購入の際はお客さま都合の返品は受け付けておらず、返送料金は購入者負担になるので、じっくりと検討してから購入することをオススメします。長期保障をつけられるほどの徹底したメンテナンスや、購入者の手間をできる限り省けるような梱包方法にするなど、お客さまの満足度を重視した対応している点が人気の秘訣なのかもしれません。

○OAランド
コピー機や複合機を看板商品としている販売店ですが、オフィス家具も多数取り扱っています。特に起業される方を応援しており、起業家セットとしてオフィスに必要なものを一式揃えたプランを用意しています。また、オフィス家具だけではなく、不動産、士業の紹介、OA機器導入、各種設備工事、エントランスの設計やオフィスのセキュリティ強化など、起業に関わることのさまざまなサポートを行っているので、起業される方には特にオススメです。このように各店でさまざまな特色のあるサービスを行っていますので、ご自身の状況に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

老舗が与える安心感

老舗という言葉を聞くとそれだけでなにかしらの信頼感が生まれるものです。どんな商品もサービスも常に競争相手は多くいるもので、残念ながら新しい会社が設立されてはすぐに消え。が繰り返されています。それはホテルや旅館、レストランなども同じではないでしょうか。

しかしその中で昔からずっと残っているということは、それだけ良い物を提供している結果と言えます。日本の中にも幾つかの老舗メーカーがありますが、その中でもよく知られているのが「コクヨ」です。文房具などで毎日の生活の中でよく知られているメーカーですが、会社設立は1920年ともうすぐ100年を迎えます。

長い年月の中時代の移り変わりやワークスタイルの変化を観察してきていることで様々なオフィス家具を開発してきています。また東京鋼織工業株式会社も創業1953年と歴史があるメーカーです。

ブランド名はドラゴンとして知られていますが、このメーカーの得意とする分野がオフィスにおいて、座った状態で周囲と遮断できるローパーテーションです。大体の場合にデスク購入のさいについてくるものなのですが、デスクを購入後にやはり集中するために周りから遮断されたいと思う場合、別注を頼むのはなかなか難しいのですが、東京鋼織工業は1台から引き受けてくれ、なおかつ細かいサイズ指定にも対応してくれるので、既成品のものよりも使用しやすいのではないでしょうか。

また、海外の大手メーカーともコラボをすることで技術を提携共有しているからこそ、様々な新しいアイデアが生まれていっているのです。もちろんオフィス家具を扱う新しい会社もどんどん良い製品を出していますし、最近では海外からもメーカー・ブランドが参入してきています。

しかし、老舗メーカーだからこそ日本人の使い良さを徹底的に研究しているということもあるので、会社の家具の購入の際には様々なメーカーを使いやすさや値段、機能性などを比較しながら会社のニーズに合ったものを購入していきましょう。

リサイクル製品で賢くオフィス家具を揃える

日本の美徳とされている言葉に「もったいない」があります。何でもかんでも新しく買い替えてしまう今の時代に、このもったいない精神はとても大切です。それをうまく利用しているのが、リサイクル商品ではないでしょうか。

時代の流れはとても速く、成長する会社は急成長しどんどん大きくなりますし、なかなか事業がうまくいかず倒産してしまう会社も多々あるのです。会社は一日あたり200社長の株式会社が設立されているというデータもあり、そのためオフィス開設などにオフィス家具の購入は必須になっています。

しかし新たに会社を始める際には運用費用がかさむため、できるだけ設備に投資するお金を節約したいと思うはずです。そこで少人数から大規模な会社までの椅子やデスク、テーブルなど会社に必要な物が揃う所こそリサイクル店なのです。しかし、街によく見かけるような店ではなく、オフィス家具専門店に足を運ぶ必要があります。

中古商品を扱っているところは、買取なども行っているのでどこかの会社が倒産したり、移動になってオフィスを占める際に不必要になった設備をすべて引き取ります。その後商品をリニューアルするため、掃除や傷があるところの補修、特に椅子の座面などもきれいに洗ってくれるので、中古品でも安心して使用することができるのです。

そして中古品の何よりもうれしいのが値段です。有名メーカー、もしくはブランドのものでもきれいな状態であっても、新品のものと比べれば数万円も安くなることも珍しくありません。またバラ売りだけではなく、ミーティングルーム用のデスクとチェアのセットだったり。応接室セットだったり、まとめて購入することでさらに値引きもあるのです。

リサイクル商品ということで、耐久性や使用状態などに不安を感じるかもしれませんが、購入前にしっかりとどんな状態なのか、どれくらいもつのか販売店に問い合わせてみましょう。古くて使いものにならないようなものを売るところもほとんどありませんので、大抵の場合安心してオフィス家具を中古品で揃えることができます。