オフィス家具業界の老舗メーカーとは?


オフィス家具を手掛けるメーカーには、老舗といわれているメーカーが数多く存在します。創業から100年を超えるような企業も決して珍しくはなく、それぞれに長く深い歴史があります。創業時は、文房具店や商店であったり、金属部品やスチール製品の製造業であったりと、スタート時はそれぞれオフィス家具メインではなかった企業が多いですが、古くは明治以前から続いているという企業も決して珍しくはありません。

非常に古い歴史を持つ老舗メーカーで言えば、オフィス家具の他、事務用品の取り扱いでも有名な、LIONブランドのライオン事務機ではないでしょうか?ライオン事務機の元となる筆墨商であった商売は、なんと1792年に創業しているというのですから驚きです。また、大手メーカーのコクヨやイトーキ、内田洋行などは、明治の創業です。それぞれ、文房具などの取り扱いからはじまり、後にキャビネットやデスクの製造・販売を開始しました。これらのメーカーも創業が古いという事もありますが、最初からオフィスに直結した商売を行っていたわけではありませんでした。

また、SEIKO FAMILY&TOYO STEELとして総合的にオフィス家具を提供している生興株式会社なども明治43年の創業と、とても長い歴史を持っています。これら明治創業の企業は、創業からゆうに100年を超えます。なお、スチール製品で有名なオカムラは昭和20創業、同じくナイキは昭和27年創業となっています。また文具や事務用品で有名なPLUSは昭和23年創業と、各社終戦前後の創業と100年には満たないものの、これまた歴史があります。もちろん、オフィス家具を取り扱っている企業はこれにとどまらずまだまだあります。

オフィス家具という業種自体の歴史はまだ浅く、各社がオフィス関連の家具や製品を販売し始めたのも戦後からというメーカーがほとんどです。古い歴史を持つからと言っても、決して古さに誇示することもなく、時代に合わせさまざまな工夫や販売戦略に取り組んでいます。老舗メーカーの多くは、現代でも売り上げを伸ばし、多くの人に愛され続けているのには、やはりこのような企業努力があるのでしょうね。