オフィス家具には何が必要?


始めて自分のオフィスを構えるという人の場合、
「決断してみたはいいけど、何をどうそろえたらいいのやら・・・」
と困ってしまうこともあるかもしれません。

普通のオフィスには一通りの家具が揃っていますが、
それをゼロから集めるとなると、勝手がわからなくなるのも無理はありません。

購入時の相場や主要メーカーなどはもちろん、
オフィスの種類によって揃えたいオフィス家具も違ってきます。
ここでは、主だった家具と、購入の際のポイントを紹介します。

○1つ目
オフィスチェア作業時にスタッフが座るオフィスチェア。

どんな椅子でもいいかと言えばそういうことはなく、作業内容に応じて椅子のメーカー、
タイプなどを選んでいく必要があります。例えば、前傾姿勢での作業が多いとか、
あるいはその逆とか。あるいは腰に負担がかからないようにしたいとか、
そういった業務内容独特の負担に対して、それを軽減してくれるようなものを選ぶ必要があります。

○2つ目
オフィスデスクデスクにも現在さまざまな種類のものがあります。
以前は書類などの整理をしやすいものが主流だったかと思いますが、
パソコンの職場での使用が当たり前になった現在では、それほど必要にはならない面もあります。
机の場合、どうしても幅を取りますから、スタッフの人数やオフィスの面積なども考慮した選択が重要になります。

○3つ目
ミーティングデスク・チェア作業用のものだけでなく、ミーティングにもデスクとチェアが必要です。
作業時のものが機能性重視であるのに対して、こちらはむしろデザイン性が重要になります。
外部から顧客や取引先を招いての使用もあり得るわけですから、そこまで考慮して、
しっかりしたものを選ぶ必要があります。

○4つ目
セキュリティ関係のもの例えば金庫など、機密関係のものや金銭などを保管する場所は必要です。
家事や地震などの災害も考慮に入れて、さまざまな面で堅固なものを選ぶようにしましょう。

○5つ目
収納家具シューズロッカーや更衣用のロッカーなど、収納スペースも重要です。
スタッフの私物をきちんと管理できるよう、広さとセキュリティ、両面を視野に入れた選択が必要です。

Posted in div