選ぶのならやっぱり老舗が一番!


どこの世界にも新興のメーカーというのは存在して、その斬新なアイデアや方針、
そして作り出す製品と、これまで通り、伝統的なメーカーの伝統的な製品との間で「どちらにしようか?」
と頭を抱えることは多いはず。

オフィス家具の製品でもそのようなことは頻繁に起きますから、
伝統と革新と、バランスを考えながら家具のチョイシングをする必要があります。

とはいえ、よほどの決定的な理由でもない限りは、老舗を選ぶのが無難であることに違いはありません。
オフィス家具の老舗と言えば、主なメーカーは以下になります。

●ハーマンミラー

オフィス家具、特にオフィスチェアの代表的なメーカーであり、特に自社製品である「アーロンチェア」は
世界中のオフィスで使われています。人間工学に基づいたその優れた製造技術はもちろんのこと、
著名デザイナーとのコラボや環境問題に対するこだわりなど、まさに老舗と言える風格のあるメーカーです。
ハーマンミラーでは、オフィスで働く人にとってのベストなチェアというものを常に模索し続けています。
製造に人間工学的な視点を導入するのもその一環であり、その向上意欲は今も健在です。

●岡村製作所
日本の伝統的な老舗であり、製造のノウハウという面でしっかりしたものを持っているメーカーです。
製造過程が企業理念としてしっかりと固まっていますから、信頼できる製品をコンスタントに
作り続けている頼もしいメーカーです。

●KOKUYO(コクヨ)
文房具で有名な家具メーカーの老舗。文房具はもちろん、オフィス家具の製造の歴史も長く、
コスパの良い製品を作り続けています。デザイン的には平凡に見えるものも多いかもしれませんが、
安定価格で質の高い製品が購入できる、新しくオフィスを構える人にとってはありがたいメーカーです。

●内田洋行
1910年創業の老舗メーカー。世にまだ「オフィス」という概念がない頃から存在している業者であり、
その歴史の長さは日本の家具メーカーの中でも屈指です。長い歴史を持ちながら、
新しい技術も積極的に取り入れ、洗練された最新作を常に製造し続けています。
単なる老舗というだけではなく、新しい製品で常に新しい評価を勝ち得るという姿勢を、現在まで保ち続けています。