老舗が与える安心感


老舗という言葉を聞くとそれだけでなにかしらの信頼感が生まれるものです。どんな商品もサービスも常に競争相手は多くいるもので、残念ながら新しい会社が設立されてはすぐに消え。が繰り返されています。それはホテルや旅館、レストランなども同じではないでしょうか。

しかしその中で昔からずっと残っているということは、それだけ良い物を提供している結果と言えます。日本の中にも幾つかの老舗メーカーがありますが、その中でもよく知られているのが「コクヨ」です。文房具などで毎日の生活の中でよく知られているメーカーですが、会社設立は1920年ともうすぐ100年を迎えます。

長い年月の中時代の移り変わりやワークスタイルの変化を観察してきていることで様々なオフィス家具を開発してきています。また東京鋼織工業株式会社も創業1953年と歴史があるメーカーです。

ブランド名はドラゴンとして知られていますが、このメーカーの得意とする分野がオフィスにおいて、座った状態で周囲と遮断できるローパーテーションです。大体の場合にデスク購入のさいについてくるものなのですが、デスクを購入後にやはり集中するために周りから遮断されたいと思う場合、別注を頼むのはなかなか難しいのですが、東京鋼織工業は1台から引き受けてくれ、なおかつ細かいサイズ指定にも対応してくれるので、既成品のものよりも使用しやすいのではないでしょうか。

また、海外の大手メーカーともコラボをすることで技術を提携共有しているからこそ、様々な新しいアイデアが生まれていっているのです。もちろんオフィス家具を扱う新しい会社もどんどん良い製品を出していますし、最近では海外からもメーカー・ブランドが参入してきています。

しかし、老舗メーカーだからこそ日本人の使い良さを徹底的に研究しているということもあるので、会社の家具の購入の際には様々なメーカーを使いやすさや値段、機能性などを比較しながら会社のニーズに合ったものを購入していきましょう。