オフィス家具の種類を覚えよう。便利な家具が盛りだくさん

会社経営に携わる方や、在宅で仕事をしている方は、オフィスの購入を検討されているかもしれません。オフィス家具といえばオフィスチェアやオフィスデスクが有名ですが、実は他にも色々種類があるんです。そこで、代表的なオフィス家具の種類とその使い道を紹介していきたいと思います。「オフィスチェア・オフィスデスク」これは代表的なオフィス家具ですね。

皆さんも一度は見たことがあるでしょう。ただ、オフィスチェアやデスクにもさまざまな種類・デザインがあります。購入の際はしっかりと検討したうえで、自分自身に合ったものを見つけることが大事です。「収納机」これは、書類などを収納するための机のことです。オフィスデスクだけでは収めきれない大量の書類を収納したいときなどに便利です。

またこれと似ていますが、「机上棚」という家具も人気です。机の上に書類を片付けるスペースを作ることができるので、収納机とともにデスク上をコンパクトにしたいときなどにはもってこいの家具になります。「書庫」これも主に使わない書類の収納に使います。当分つかわない書類や資料は収納机ではなく書庫に管理するといいでしょう。書庫は大きさがいろいろありますが、設置したい場所を決めておくことで、大体の大きさを決めるとよいでしょう。「パーティション」パーティションという家具はあまり聞きなれないと思います。

この家具は部屋の中で設置することで、簡単にスペースを区切ることができます。在宅というよりか、会社を経営している方向けの家具ですね。グループに分けて別々の作業をしたいときなどに重宝されます。「ミーティング用テーブル」これはオフィスデスクとは違い、ミーティングや会議に使うようなテーブルになります。オフィスデスクをミーティングテーブル代わりに使ってもよいですが、予算があるならミーティング用テーブルも購入したほうが良いでしょう。ここで紹介したオフィス家具以外にも、まだまだ便利な物がたくさんあります。

オフィス家具は仕事をスムーズに進めるうえで必須です。購入を検討されている方は、まずオフィス家具の種類と使い方を調べてから、用途に合った物を購入するようにしましょう。

Posted in div

オフィス家具ってどんなものがあるの?

各メーカーからSOHOや一般企業の事業内容、目的等に合わせて多くの種類のオフィス家具が製造、販売されています。オフィス家具にはどのような種類のものがあるのでしょうか、またどのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

○オフィスデスク
一般的な形のスタンダードタイプ、フリーアドレス・オフィス向けのグループデスク、デスク作業に十分な広さを必要とする方にはカーブデスクなどがあります。業務形態やスペースに合わせ、パソコンを使用する方は特にデスクの横幅や奥行きに注意して選んでください。グループデスクを利用し、引き出しはワゴンタイプのものを選ぶと増員やレイアウト変更にも対応しやすいでしょう。

○オフィスチェア
最も慎重に選びたい家具の一つです。毎日、長時間使用するものなので、機能性を重視し、身体への負担が少ないものを選ぶといいのではないでしょうか。価格の幅が広く、体型や業務によって合うタイプが変わってくるので、できることなら試座してからの購入をオススメします。

○ミーティングテーブル
ミーティングチェアお客さまをお迎えしたり、社内での打ち合わせやコミュニケーションの場などさまざまな場面で使用されるので、機能性だけではなく、デザイン面も考慮したものを選ぶことで会社の印象が変わってくるかもしれません。

○キャビネット
大きな家具のため、デザインや色によってオフィスの雰囲気が変わることもありますので、セキュリティ面や収納力に加え、デザイン性も踏まえて選びましょう。両開き扉や引き出し式のものは、お客さまに見せたくないファイルなどの収納に適しており、広く使用されています。引き出し式のものは、使用の際にスペースを必要としないので、狭い空間でも利用しやすくなっています。他に、オープンキャビネットや3枚扉、シャッター式のものなど多種あるので、収納物によって使い分けしてください。

○金庫などのセキュリティ家具
個人情報保護法やマイナンバー制度の施行などにより、情報管理に関して厳しくなってきている昨今では、情報管理が企業の価値を左右するといっても過言ではありません。暗証番号やカードキーなどを使用することで、本人のみが利用できるようなシステムのキャビネットがありますので、このようなものを活用し、情報管理をしっかりと行っていきましょう。金庫は、火災よりもオフィス荒らしなどの盗難被害に簡単にあわないように、重量があり、盗難対策がされている種類が売れているようです。オフィスチェアなど毎日使用する家具は、社員の健康や生産性にも影響を及ぼしかねず、セキュリティ家具は会社の信用を担っていますので、使えればいいというのではなく、数多くある種類の中から慎重に選ぶ必要がありそうです。

Posted in div

オフィス家具は慎重に選ぶべき

ワークスタイルも禁煙では多様化しており、ベーシックな設備だけではなく、オフィス家具の種類も機能も多様化しています。毎日利用するものですし、生産性や疲労などにも大きく影響をおよぼすものですので、安易に安いから人気があるからなどといった理由で購入してしまうと、後々すぐに買い替えたりしてしまい、結局のところ経費をムダにすることになりかねません。

どんな会社にも必要になってくるのがデスクではないでしょうか。企業で一般に使用されているタイプのものには幅1,2m×奥行き0,8m×高さ0,7mのものが主流となっています。しかしこれはデスクワークが仕事のうちどれくらいデスクワークがパーセンテージを占めるのか、また内容によっても大きさを考慮する必要があります。

もしもデザインや何かしらの作業をデスク上でするのであれば、大きさや形も一般のものよりも大きいものだったり、L字デスクにするなど変化させる必要があるかもしれません。また最も慎重に購入を考える必要があるのがチェアーです。価格もピンきりで様々な種類があるので迷ってしまうかもしれませんが、購入の際にはランキングなどに左右されず、一度座って試してみることが一番だといえます。

長い時間デスクワークをしていると、体への負担も大きくなりますし、腰痛や肩こりに悪化の原因にもなりますので満足できる物を探しましょう。その他にも少し高級感をもたせた役員専用の家具も必要ですし、応対するための応接セットも必要です。リラックスすることを望むのか、それとも少し品のいい感じを醸し出したいのかなど、社風に合わせたものを選んでいきましょう。

収納のためのキャビネットや金庫、ロッカー、ミーティングルーム用の会議デスク、またはパーティション、カウンターなどオフィス家具には様々な種類があります。すべて必要な場合もあれば、いらないもの、もしくはこれ以外にも必要な物もあるかもしれません。慎重に用途と目的を考えて購入していきましょう。

Posted in div

いろいろあるオフィス用の家具

これまで何度も事務所の移転や拡張などを繰り返してきた場合は、オフィス家具の種類についてだいたい把握することができていると思います。一方、これから本格的に事業を軌道に乗せていく場合や初めて自社のオフィスを持つ場合には、何をどのように揃えていいのかわからないかもしれません。

オフィスサポートのような、総合的に作り上げてくれるサービスもありますが、実際のほとんど何もわからないままレイアウトをして必要と思われるものを購入してしまうと、後になって本当にそれが必要とは思えない場合や市場価格よりも高い金額で買わされてしまうという可能性があります。

そこで、自分で買い揃える場合も、プロにお任せする場合でも、ある程度オフィス家具の種類については知っておきたいものです。実際には家庭でも使用する家具もありますので、いくつかの種類については浮かんでくると思います。メインはデスクやいすのような、仕事を行うために必要なものになります。

その他にも、サイドに置くテーブル、デスクとデスクの仕切り、ビジネスの種類によってはホワイトボード、ロッカーやキャビネットなどが必要になってきます。オフィスで使用する家具を中心に扱っている業者の情報を調べてみると、一般的に売れているサイズというものがどのようなものか知ることができます。

一般的なサイズが自分のオフィスにも適していると思われるなら、市場で売れている一般的なサイズの商品ほど安く購入できる場合やデザインなどの選択肢が豊富にあるかもしれません。一般的なデスクなどを見ていて自分たちのビジネスを創造するとき、「何か違うな」と感じるなら、もう少し貪欲に情報を集めてみるのもよいと思います。

例えば、シンプルなデスク以外にもエル字型になっているデスクやオフィスの雰囲気に調和するデザイン性の高いものなどを見つけることができます。最初から完璧に選び出すことができないとしても、できるだけ必要な情報を集めて、かつ道理にかなった価格で購入することができるように、どこで買うかということにも意識を向けてみてください。

Posted in div

オフィス家具には何が必要?

始めて自分のオフィスを構えるという人の場合、
「決断してみたはいいけど、何をどうそろえたらいいのやら・・・」
と困ってしまうこともあるかもしれません。

普通のオフィスには一通りの家具が揃っていますが、
それをゼロから集めるとなると、勝手がわからなくなるのも無理はありません。

購入時の相場や主要メーカーなどはもちろん、
オフィスの種類によって揃えたいオフィス家具も違ってきます。
ここでは、主だった家具と、購入の際のポイントを紹介します。

○1つ目
オフィスチェア作業時にスタッフが座るオフィスチェア。

どんな椅子でもいいかと言えばそういうことはなく、作業内容に応じて椅子のメーカー、
タイプなどを選んでいく必要があります。例えば、前傾姿勢での作業が多いとか、
あるいはその逆とか。あるいは腰に負担がかからないようにしたいとか、
そういった業務内容独特の負担に対して、それを軽減してくれるようなものを選ぶ必要があります。

○2つ目
オフィスデスクデスクにも現在さまざまな種類のものがあります。
以前は書類などの整理をしやすいものが主流だったかと思いますが、
パソコンの職場での使用が当たり前になった現在では、それほど必要にはならない面もあります。
机の場合、どうしても幅を取りますから、スタッフの人数やオフィスの面積なども考慮した選択が重要になります。

○3つ目
ミーティングデスク・チェア作業用のものだけでなく、ミーティングにもデスクとチェアが必要です。
作業時のものが機能性重視であるのに対して、こちらはむしろデザイン性が重要になります。
外部から顧客や取引先を招いての使用もあり得るわけですから、そこまで考慮して、
しっかりしたものを選ぶ必要があります。

○4つ目
セキュリティ関係のもの例えば金庫など、機密関係のものや金銭などを保管する場所は必要です。
家事や地震などの災害も考慮に入れて、さまざまな面で堅固なものを選ぶようにしましょう。

○5つ目
収納家具シューズロッカーや更衣用のロッカーなど、収納スペースも重要です。
スタッフの私物をきちんと管理できるよう、広さとセキュリティ、両面を視野に入れた選択が必要です。

Posted in div

「代表的なオフィス家具を紹介」

会社を始めるには、まずテナントを借り、そこにオフィス家具をそろえなければなりません。
どんな家具があればよいのか、何となくイメージはできるとは思いますが、実際はどんなものがあるのでしょうか。

大まかに分類しても10以上の種類があるとされております。
その中からいくつか代表的なものを紹介しましょう。

・オフィスデスクやはり一番にくるのはデスクです。
平机、片袖机、両袖机、役員机、L字デスク、ラウンドデスク、フリーアドレスデスク、など、全部で7種類以上あります。
これらは種類によって機能が異なるため、選ぶ際には、会社でどんな業務をするのか把握した上で選ぶ必要があります。

・オフィスチェア机があれば、そこに椅子があります。オフィスチェアもさまざまなタイプのものが存在します。
例えば、背もたれの高さが高いものはハイバックチェア、逆に低いものはローバックチェア、
その中間のものをミドルバックチェアと呼ばれております。

他にも、会議用のものであるミーティングチェア、役員用のものをエグゼクティブチェアと言います。

・ロッカー従業員が荷物を保管したり、着替えをしたりする時に利用する時に利用するのがロッカーです。
大まかに、更衣ロッカーとシューズロッカー、また掃除用具入れがあります。更衣ロッカーは縦長のもの、
シューズロッカーは正方形型の比較的小さなものです。・ホワイトボード会議や打ち合わせ、
あるいは研修などに用いられるものです。ホワイトボードが普及する前は、学校と同様に黒板が一般的でした。

しかし、チョークは手が汚れたり、掃除の手間がかかること、あるいは粉を吸引して健康被害を受ける事があるため、
衰退していったのです。ホワイトボードは、書く・消すが容易にでき、持ち運びもできることから、
オフィスにあると非常に便利なものです。どれも働いている人にはお馴染みのオフィス家具を紹介してみました。

普段は自分が勤めている会社にどんな家具があるのか、注意して見たことはないと思います。もし時間があれば、
どこにどんな家具があるのか見渡してみてください。「こんなものがあったのか」と思いもよらぬ発見があるかもしれません。

Posted in div