オフィス家具メーカーにはニーズに合わせた複数のブランドが存在する

一般ユーザーにはあまり知る機会はありませんが、オフィス家具メーカーでは、それぞれコンセプトやデザインインイメージの異なる複数のブランドを展開しています。オフィスのあり方も年々変わり、求められるものも変わりつつあります。昔の様な画一的なイメージのオフィスではなく、個々の企業のイメージに合わせたデザインやレイアウトが求められるようになりました。

また、IT化が進んだことによって、オフィス内のICT活用までも求められるようにもなっているのです。それに合わせるように、各オフィス家具メーカーでも、ニーズにこたえられるようさまざまなブランドを展開していっているのです。同じ家具でも、製品イメージの異なるデザインで制作するなど、求められるオフィス環境づくりに少しでも多く応えられるようにと努力をしているのです。大手オフィス家具メーカーのコクヨなどでは、これまでも複数のコンセプトでさまざまな家具を提供してきています。

しかし、2013年には新たに小規模オフィス向けの、スタイリッシュなデザインラインのブランドを立ち上げました。これも、前述したニーズに合わせたオフィスづくりをサポートする一環になります。イトーキなどでは、数多くのコンセプトラインがあります。クリエイティブワーク家具と分類されている、多彩なデザインの家具などをはじめ、それまでのスチール製品のイメージを覆すような、主に木材を使用して作られたナチュラルデザインの製品ラインなども展開しています。

同じくスチール家具で有名なオカムラでは、新たに「+Standing」というシリーズを立ち上げ、電動昇降デスクの販売を進め始めています。文字通り、一定の高さの間で簡単にデスクの高さを調節できるもので、立ったままPC作業なども可能なものとなっています。多様化するオフィス環境にも柔軟に対応できるような製品を提供していっているのです。このように、一貫した企業イメージというものも当然ありますが、それぞれ必要とされるニーズに合わせた製品を提供できるよう、各社が努力を続けて、多くのシリーズを展開していっているのです。

オフィス家具メーカー各社のブランドイメージとは?

オフィス家具を取り扱う各メーカーには、それぞれ特徴的なイメージのようなものがあります。それぞれ総合的にオフィス製品を取り扱って入るものの、家具以外にもさまざまな製品を世に送り出しているメーカーがほとんどです。そのため、オフィス家具よりも他の事業がそのメーカーのブランドイメージとなっている場合もあります。

例えば、コクヨやPLUSなどの企業イメージとしては、文房具やオフィス文具などのイメージが強いと答える人が多いのではないでしょうか?実際、オフィスの中にはこれらのメーカーの文具であふれかえっていることでしょう。もちろん、これらの部門や製品などもまた、これらのメーカーの売り上げを支えている部門であることには間違いないでしょう。

また、イトーキなどは一般的なユーザーなどから見た場合、学習机などの印象が強いと答える人が少なくありません。最近では見る事がなくなりましたが、80年代~90年代に流れていたCMが印象的で、記憶に残っているという人もいるのではないでしょうか?実際、イトーキなどはスチールデスクを主に製造販売しているメーカーになります。

この業界の中では、内田洋行も大手メーカーと言えるでしょう。内田洋行は家具単体を販売するというよりは、トータルでオフィス空間を作り上げる事を得意としています。そのため、オフィス家具を販売しているというイメージとは少し離れているかもしれません。岡村製作所もこの業界の中では大手です。

しかも、創業したころからスチール製のデスクなどの製造を手掛けてきているメーカーです。オフィス用のデスクを作っているメーカーの中では、NO1のブランドだと言っても過言ではないでしょう。現在ではデスクだけではなく、エルゴノミックタイプのチェアを国外へ輸出するなど、世界規模でその知名度を上げていっているのです。

他にもさまざまなメーカーがこの業種にはあります。それぞれ企業理念なども違い、コンセプトやブランドイメージも異なります。しかし、よりよいオフィス環境や空間づくりのお手伝いをしていきたいという思いは、各社でそう大きく違いはないと言えるでしょう。

リサイクル製品で賢くオフィス家具を揃える

日本の美徳とされている言葉に「もったいない」があります。何でもかんでも新しく買い替えてしまう今の時代に、このもったいない精神はとても大切です。それをうまく利用しているのが、リサイクル商品ではないでしょうか。

時代の流れはとても速く、成長する会社は急成長しどんどん大きくなりますし、なかなか事業がうまくいかず倒産してしまう会社も多々あるのです。会社は一日あたり200社長の株式会社が設立されているというデータもあり、そのためオフィス開設などにオフィス家具の購入は必須になっています。

しかし新たに会社を始める際には運用費用がかさむため、できるだけ設備に投資するお金を節約したいと思うはずです。そこで少人数から大規模な会社までの椅子やデスク、テーブルなど会社に必要な物が揃う所こそリサイクル店なのです。しかし、街によく見かけるような店ではなく、オフィス家具専門店に足を運ぶ必要があります。

中古商品を扱っているところは、買取なども行っているのでどこかの会社が倒産したり、移動になってオフィスを占める際に不必要になった設備をすべて引き取ります。その後商品をリニューアルするため、掃除や傷があるところの補修、特に椅子の座面などもきれいに洗ってくれるので、中古品でも安心して使用することができるのです。

そして中古品の何よりもうれしいのが値段です。有名メーカー、もしくはブランドのものでもきれいな状態であっても、新品のものと比べれば数万円も安くなることも珍しくありません。またバラ売りだけではなく、ミーティングルーム用のデスクとチェアのセットだったり。応接室セットだったり、まとめて購入することでさらに値引きもあるのです。

リサイクル商品ということで、耐久性や使用状態などに不安を感じるかもしれませんが、購入前にしっかりとどんな状態なのか、どれくらいもつのか販売店に問い合わせてみましょう。古くて使いものにならないようなものを売るところもほとんどありませんので、大抵の場合安心してオフィス家具を中古品で揃えることができます。

本当に働きやすいオフィスのための家具とは?

多方面でブランドが好きという方は、オフィス家具もブランドにこだわって選びたいと思われるかもしれません。最近では、インターネット上でもブランドの家具が安く手に入ることがありますので、要チェックです。しかし、事務所の機能の目的について考えるときに、そこで働く人たちのオシャレ感覚を刺激することやブランド物を所有しているという優越感は二次的なもので、実際には「ほんとうに働きやすい」と思えるものを揃えることが重要になってきます。

例えば、海外ではまずオフィスで使用する家具の中で椅子にかなりのお金をかけるというところがあるくらい、椅子は重要です。単純にオフィス家具のブランドが出している高級チェアを買えば間違いないというわけではなく、ほんとうに「快適」と思えるものが必要です。また座り心地だけではなくて、姿勢をふさわしく保って健康に害をもたらさないようにしておくことが大切です。

日々の姿勢によって、その後の健康が左右されていきます。今日とか明日にはなにも変化はないかもしれませんが、積み重なっていくといろいろなところに不具合が出てしまいます。心身ともに健康であって初めて、ふさわしい仕事を行うことができます。大抵の場合、オフィスでは立っているよりも自分の椅子に座っていることの方が多いと思います。

それで、高級なものが良いとは限りませんが、椅子にはそれなりの投資をしてもよさそうです。最近では、中古品も含めてネットで安く手に入れることができますので、情報をしっかりとつかむようにしてください。それ以外にも、ほんとうに快適なオフィスづくりを目指すなら、自分のデスク周りだけではなく、休憩スペースにも気を遣いたいものです。

ほんとうに休憩ができる、良い空間にするためには、それなりの調度品が必要になるでしょう。予算と照らし合わせて優先順位を定め、必要なところには出し惜しみすることなく、投資すべきところにはしっかりと投資をして、良いオフィス、働きやすいと評判のスペースづくりを目指してください。そのためにも、いろいろな情報を入手することを怠らないでください。

オフィス家具ブランドいろいろ

何かを購入する際、「ブランドに拘りたい」という欲求が人にはあります。
機能とか素材とか価格とか、そういう面も重要ですが、特定のメーカー、特定のブランドの作ったもの。

それに拘りたい、というものです。その動機も、そのメーカーのものを使ってみたい、
という憧れのようなものや、ここのを使っておけば絶対大丈夫という安心感のようなものもあります。

オフィス家具にもブランドというものがありますから、選ぶ際にはいくつか知っておいて損はありません。
代表的なブランドをいくつかご紹介します。?Bauhutte(バウヒュッテ)主にオフィスチェア・デスクのブランドです。

日本人の体格に合わせた製品づくりを行うなど、機能性の向上に熱心。
低反発、通気性など、さまざまな面で使いやすいチェアを実現しています。

■HARACHAIR(ハラチェア)
株式会社ハラテックジャパンが開発したオフィスチェアブランド。
椅子と呼ぶにはやや変わった構造をしている本ブランドの製品。
人間工学に基づいてデザインされたこのチェアの違いは、座ってみればわかるというもの。
形状だけではなく、背もたれの素材による圧力の分散など、椅子に座って働く人の負担軽減について、
考え抜かれているということがわかります。

■LION(ライオン)
ライオン事務局によってつくられたオフィス家具のブランド。
長くオフィス家具を作り続けてきた老舗であり、コスパが良いのも本製品の魅力です。
一通りのオフィス家具を製造していますし、必要ならメンテナンスなどもしてくれますから、
覚えておきたいブランド(メーカー)です。

■NAIKI(ナイキ)
株式会社NAIKIの製品。当社は家具を作るだけにとどまらず、
オフィスの新設・移転やリニューアルなども手広く行っています。
製品の品質管理や配送など、クオリティの面では文句なしの、
「選んで安心」のブランドだと言えます。

■Steelcase(スチールケース)アメリカのメーカーで作られているオフィス家具で、
日本では内田洋行者が販売しています。名前の通り銀色のフレームが特徴的で、
軽くて強いこの素材で作られた家具は実用性の高いものです。

「有名なオフィス家具のブランド」

オフィス家具は、普段個人で購入する機会がないため、どういったメーカーがあるのか詳しく知らないという人も多いと思います。

実は、かなり古くから続いているブランドとなるメーカーが世界中にあります。その中から特に有名な所をいくつか紹介していきたいと思います。

1.スチールケース1912年にアメリカで創立された、世界最大のメーカーです。創業以来徐々に売り上げを伸ばしていき、1974年以降は常に業界のトップに立ち続けております。約1世紀の間、革新的な製品を開発し、オフィスでより働きやすい環境づくりができるように、サポートし続けているのです。スチールケースがモットーとしているのは、「人が能力を最大限に発揮し、効率よく働くことができる環境を、どうすれば想像できるのか?」ということです。革新的でオフィスでの働き方に合わせた製品をこれからも提供し続けてくれることでしょう。

2.アルペール(arper)1989年にイタリアでレザー製品の会社として創業しました。2001年にはオリジナルのデザインコレクションを発表して以降、機能美あふれる革新的なデザイン、高品質な製品を生み続け、今や世界的なインテリアブランドとなっております。著名なデザイナーとコラボして誕生した製品は、一目でアルペール製と分かるほど、特徴的で優美な形となっております。多様な素材を極限まで削ぎ落し、高いデザイン性を誇りながら、軽くて丈夫な製品を実現しております。

3.バジィ・スペース(BUZZI SPACE)2007年にベルギーで創業し、すぐにその背品のコンセプトが世界中に知られました。オフィスのオープンエリアに、静寂とデザインを持ち込むことに成功しました。100%エコロジカルな製品とオシャレなデザインにより、現代社会にマッチした製品として、多くの企業の見本となったのです。この会社の誕生により、世界中のオフィスの環境が変わったと言われております。

今回は、世界的に有名なブランドを紹介しました。初めて聞いたという人も多かったのではないでしょうか。
老舗から新規参入企業まで、今後どういった会社が誕生し、オフィスを変えていくのか注目です。