「プライバシー空間を意識したオフィス家具」

アメリカのオフィス家具の老舗でもある、「スチールケース」ですが。
2015年に新製品を発表いたしました。それは、究極のプライバシー空間を演出することができるオフィス家具だったのです。

いったいどんなものなのか、そしてどんな意図や目的があるのか、詳しく紹介していきたいと思います。新製品の発表時には、
「スチールケースアジア・パシフィックインクデザインディレクター」のマイケル・ヘッド氏は、このような説明をいたしました。
「職場での心身の健康(ウィルビーイング)が企業の収益性や労働意欲に大きな影響を与える事、そして先進的な企業は、
その重要性に注目し、ウィルビーイングの向上に注目している。」ということです。

近年は、顧客満足度(CS)だけではなく、従業員満足度(ES)の向上にも積極的に力を入れている企業が多くなってきております。
それに一役買うのが、オフィス家具だと言うのです。そこで重要視したのが、プライバシーです。

一日の大半を過ごすことになる場所であるため、会社といえどもずっとオープンスペースで仕事をするのも苦労します。
多くの人の目がありますし、気を抜くこともできません。仕事場にプライバシーな空間がないことで、ストレスを抱えてしまっている人が増えているのです。

そこで、最近ではオフィス家具の流行として、こもり空間やプライバシー空間を作り出すことができる製品が人気となっております。
同僚と話しながら仕事をするのもよいですが、時には一人で集中した方が仕事の効率が上がることもあります。

新製品では、その点を意識して、フード付きのメディアスケープラウンジというものになっております。
周りのフードが周囲をシャットダウンし、より集中して仕事に取り組める空間を演出してくれるのです。
スチールケースの日本法人である、「日本スチールケース」でも販売を開始しております。

スターバックスのように、おしゃれで仕事に集中できる、プライバシーな空間を、職場で味わうことができるのです。
まだまだ多くの会社が導入するのは先のことになりそうですが、今後もこういった視点で生まれてくるオフィス家具に注目してきたいですね。

「有名なオフィス家具のブランド」

オフィス家具は、普段個人で購入する機会がないため、どういったメーカーがあるのか詳しく知らないという人も多いと思います。

実は、かなり古くから続いているブランドとなるメーカーが世界中にあります。その中から特に有名な所をいくつか紹介していきたいと思います。

1.スチールケース1912年にアメリカで創立された、世界最大のメーカーです。創業以来徐々に売り上げを伸ばしていき、1974年以降は常に業界のトップに立ち続けております。約1世紀の間、革新的な製品を開発し、オフィスでより働きやすい環境づくりができるように、サポートし続けているのです。スチールケースがモットーとしているのは、「人が能力を最大限に発揮し、効率よく働くことができる環境を、どうすれば想像できるのか?」ということです。革新的でオフィスでの働き方に合わせた製品をこれからも提供し続けてくれることでしょう。

2.アルペール(arper)1989年にイタリアでレザー製品の会社として創業しました。2001年にはオリジナルのデザインコレクションを発表して以降、機能美あふれる革新的なデザイン、高品質な製品を生み続け、今や世界的なインテリアブランドとなっております。著名なデザイナーとコラボして誕生した製品は、一目でアルペール製と分かるほど、特徴的で優美な形となっております。多様な素材を極限まで削ぎ落し、高いデザイン性を誇りながら、軽くて丈夫な製品を実現しております。

3.バジィ・スペース(BUZZI SPACE)2007年にベルギーで創業し、すぐにその背品のコンセプトが世界中に知られました。オフィスのオープンエリアに、静寂とデザインを持ち込むことに成功しました。100%エコロジカルな製品とオシャレなデザインにより、現代社会にマッチした製品として、多くの企業の見本となったのです。この会社の誕生により、世界中のオフィスの環境が変わったと言われております。

今回は、世界的に有名なブランドを紹介しました。初めて聞いたという人も多かったのではないでしょうか。
老舗から新規参入企業まで、今後どういった会社が誕生し、オフィスを変えていくのか注目です。

「代表的なオフィス家具を紹介」

会社を始めるには、まずテナントを借り、そこにオフィス家具をそろえなければなりません。
どんな家具があればよいのか、何となくイメージはできるとは思いますが、実際はどんなものがあるのでしょうか。

大まかに分類しても10以上の種類があるとされております。
その中からいくつか代表的なものを紹介しましょう。

・オフィスデスクやはり一番にくるのはデスクです。
平机、片袖机、両袖机、役員机、L字デスク、ラウンドデスク、フリーアドレスデスク、など、全部で7種類以上あります。
これらは種類によって機能が異なるため、選ぶ際には、会社でどんな業務をするのか把握した上で選ぶ必要があります。

・オフィスチェア机があれば、そこに椅子があります。オフィスチェアもさまざまなタイプのものが存在します。
例えば、背もたれの高さが高いものはハイバックチェア、逆に低いものはローバックチェア、
その中間のものをミドルバックチェアと呼ばれております。

他にも、会議用のものであるミーティングチェア、役員用のものをエグゼクティブチェアと言います。

・ロッカー従業員が荷物を保管したり、着替えをしたりする時に利用する時に利用するのがロッカーです。
大まかに、更衣ロッカーとシューズロッカー、また掃除用具入れがあります。更衣ロッカーは縦長のもの、
シューズロッカーは正方形型の比較的小さなものです。・ホワイトボード会議や打ち合わせ、
あるいは研修などに用いられるものです。ホワイトボードが普及する前は、学校と同様に黒板が一般的でした。

しかし、チョークは手が汚れたり、掃除の手間がかかること、あるいは粉を吸引して健康被害を受ける事があるため、
衰退していったのです。ホワイトボードは、書く・消すが容易にでき、持ち運びもできることから、
オフィスにあると非常に便利なものです。どれも働いている人にはお馴染みのオフィス家具を紹介してみました。

普段は自分が勤めている会社にどんな家具があるのか、注意して見たことはないと思います。もし時間があれば、
どこにどんな家具があるのか見渡してみてください。「こんなものがあったのか」と思いもよらぬ発見があるかもしれません。

Posted in div

「買ってよかった。人気のオフィス家具とは」

オフィス家具は、その種類も提供しているメーカーも、驚くほど多く存在しております。どの企業も、企業に好まれる製品を切磋琢磨しながら開発しているのです。
今回は、そんな多くの製品の中から、企業が「買ってよかった」と思ったものをいくつか取り上げてみたいと思います。

・ホワイトボード<ピタボ>
ホワイトボードでも、下にキャスターがついて動かすものではありません。壁やガラスなど、平滑な場所ならどこでも貼れるタイプのホワイトボードです。壁や窓に貼るだけではなく、机にも晴れて、簡単にはがせるので、好きな場所に気兼ねなく貼ることができるのです。これであれば、すぐに会議を始めることができるでしょう。

・Contessa(コンテッサ)
デスクチェアーであり、座面の高さとリクライニングを簡単に調整できるのが特徴です。とても使いやすい機能に加え、抜群のフィット感によい、長時間同じ姿勢で座っていても、疲れにくいという特徴を持っております。
イタリアのデザインの名門である「GIUGIARO DESIGN」とコラボレーションにより生まれた革新的なチェアです。

・FaceTouch(フェイスタッチ)
タッチパネル式のディスプレイであり、ここに社員の顔写真を表示します。来訪者が用件のある人の顔写真をタッチすることで、その人を呼び出すことができるシステムとなっております。呼び出しは、PCや携帯電話を通じて、その担当者に通知されますので、いちいち間に誰かを挟む必要がありません。目当ての担当者を簡単に探すこともできるので、お互いに時間を節約することができます。
今はスマホが普及したことで、こうしたタッチパネルのものは操作しやすく、大変好評のようです。

今回紹介した三つの製品は、どれも革新的でおしゃれで、人気商品となっております。外資系企業や、新規に創業した企業などが、今後も積極的にこういった製品を導入していくと見込まれております。
仕事は大変でつらいことが多いのですが、こういったオフィス家具があれば、仕事も楽しくなりそうです。どんどん便利でユニークな製品が誕生していってほしいと思います。